BBQ豆知識

BBQ火起こし講座

【BBQコラム】火起こしを簡単に短時間で行う方法

BBQをする上で避けては通れない火起こし!女性グループやBBQに慣れてない方には少しハードルが高い。。
でも安心して下さい!このコラムを見れば火起こしが簡単に出来ちゃいます。

初心者でも分かり易いよう木炭の組み方から火起こし完了のタイミングまでポイントごとに説明していきますね♪

■火起こしにガスバーナーや着火専用コンロは必要ありません。

良く着火にガスバーナーや木炭着火用の専用コンロを使用する方はいますが、一般的に楽しむBBQには必要ありません!もちろんガスバーナーを使えば、強力な火力を木炭に直接当てますので市販の木炭であれば早い時間で火起こしが完了します。
しかし、見落としがちなポイントとして木炭の組み方があります。

火起こし前に木炭を上手く組めていないと、いくら素敵な道具があっても宝の持ち腐れです。
裏を返せば、木炭さへ最初に上手く組めると誰でも簡単に火起こしが出来ちゃうんです♪
そこでこのコラムでは、簡単かつ安価に火起こし出来るよう【着火剤、火(ライターなど)、木炭】での簡単着火方法をご紹介いたしますね!(^^)!

※BBQStyleではレンタルされるお客様に【着火剤、軍手、うちわ、チャッカマン】を無料サービスでお渡ししておりますので、火起こし道具を持参する必要は御座いません。

1.木炭や着火剤は市販のもので大丈夫!

よくBBQ初心者の方で火起こしが不安の方は、木炭は少し高いけどアウトドアブランドの火起こしし易い木炭を買おうかな?や着火剤は多いに越したことない!と必要以上の着火剤を使用されたりしますが、そのコストは美味しいお肉やお酒に回しませんか?
※着火剤はコンロ1つに40g程度あれば十分です。

節約するとこは節約して、ワンランク上のBBQを満喫しましょう♪

2.木炭の組み方が一番のポイント!

BBQでの火起こしは木炭の組み方が全て!と言っても過言では無いぐらい木炭をどう組むかで火の付き方が大きく変わってきます。

ポイントは着火剤を中心に置き、ログハウスを作るように周りに高く木炭を積み上げていくこと!
最後に上の空いている部分も蓋をするように木炭を置いてあげると、着火剤の火が空間内で燃え上がり木炭に火をいこらせていきます♪

3.木炭の過保護になるな!

いざ上記の手順で火起こしを開始しても、やはり本当に着くのか気になるもの。初心者の方はいきなりうちわで仰いだり、炭トングで炭の位置を変えたり。

火起こししたければ、何も触らない!これが正解です。簡単なように見えて我慢するのは難しいことですが、早くBBQで美味しいお肉を食べたければ、2の着火剤に火をつけ木炭ドームの上に蓋をした状態で10~15分程度放置しておいて下さい!
その間に野菜を切ったり、食器を並べたり別の準備をするとスマートなBBQになりますね♪
やることが無ければ石でも積んでおきましょう笑

4.仕上げはうちわで!

おめでとうございます!上記の3ステップで火起こしは成功しています。(木炭が濡れていたり、着火剤の量が少なすぎると失敗する可能性があります。)

この状態で木炭ドームの内側は完全に炭がいこっています。この状態でもBBQを十分楽しめるのですが、最後にひと手間ぐらいやりましょう!笑
上からうちわで風を木炭ドームにぶつけるイメージで風を送ってあげると、中の炎が外に飛び出し、木炭それぞれの広い面積に火をいこらせます♪
後は木炭を崩して全体に広げてBBQ網を置くと完成です♪

■上級者向け【火力調整】

BBQをする上で良く見る光景が、BBQコンロの上の真っ黒のお肉ですよね。。
せっかく良いお肉でBBQしても焦げたお肉は間違いなくおいしくないです笑

そこでBBQのプロであるBBQStyleでは写真のように木炭を片方に集め、コンロ上で火力調整できるようにすることをおすすめしています。
こうすることで、強火と弱火を作ることができBBQの失敗を無くすことができるのです。
大人BBQをするときは是非試してみて下さいね!(^^)!

おかしい火が着かない。。BBQ業者さーん!

安心して下さい!BBQStyleのスタッフは全員BBQのプロ。
セッティング/片付けサービスをお頼みのお客様は場所取りから着火もスタッフにお任せください!完璧な状態で楽ちんBBQを楽しむことが出来ますよ♪
駐車場引渡しプランのお客様も、配送スタッフの時間に余裕があればアドバイスしますよ!(^^)!

LINEで送る